乳化剤 不使用

完全無添加ハーブ研究所スパールの白樺化粧水

乳化剤ってなに?!

乳化剤(にゅうかざい、英: Emulsifier)は、乳化や起泡・消泡などの目的で使用される薬剤の総称。界面活性剤と概ね同義であるが、食品用として使用されるものでは界面活性剤と表記されることは稀である。
(Wikipedia より)

この界面活性剤とは水と油のように、本来混ざり合わない物を安定的に混ざり合うようにするもので、洗剤の主成分です。

化粧品の殆どのクリームにはこの界面活性剤が使われています。

しかし、洗剤は洗ってからすぐに水でよくすすぎますよね?

それは汚れなどを洗い流す他にも、石鹸(界面活性剤)を長時間お肌に付けておくのは、良くないことをご存知だからではないでしょうか?

でも化粧品のクリームなどは付けてから直ぐ洗い流しますか? 用途からして、たぶん皆さん長時間付けっぱなしですよね。
本来お肌のためにつけるクリームですが、ここに疑問を感じませんか?

自然コスメ:乳化剤不使用のクリーム

蜜蝋とホホバオイルだけの【みつろうクリーム無香料】蜜蝋とホホバオイルだけの【みつろうクリーム無香料】
蔵王山麓のみつばち園の蜜蝋とホホバオイルだけの天然のクリームです。 乳化剤は使用していません。
※蜜蝋は自所にて無漂白で成分を逃がさないようにこだわりの精製をしています。そのため製品の黄色は天然の色で、季節や花の種類により色に違いが出ます。

全成分 ホホバオイル・蜜蝋
種類
容量・重量 25g
使用法 手指を清潔にしたあと少量を指でとり、やさしくぬりのばしてください。指でとるときに少し硬い感じがしますが体温ですぐに溶けて容易に伸びます。つけて直ぐは若干のベトベト感がありますが、しばらくするとしっとりすべすべになります。ベトベト感が気になる方は出来るだけ薄く付けてください。クリームを取った手を水で濡らすとさらに薄くぬりのばしやすくなります。
その他 まれに蜜蝋に対するアレルギー反応の出る方がおられますので、事前に少量を付けてパッチテストを行ってください。お肌に合わない場合はご使用を中止してください。

◆みつろう(蜜蝋)の効果&効能とは?
みつろう(ビーワックス)は、ミツバチの働きバチが蝋分泌腺から分泌する巣を作るための材料で、巣を守るため、保湿、抗菌性、防水性に優れ自然治癒効果が高いと言われています。
食べても安全で、小さな子供が使うクレヨンの材料になったことはよく知られています。
また、ヨーロッパでは古くからアカギレやひび割れ、火傷や切り傷、お肌の炎症などにも、広く使われて来たそうで、最近ではリップクリームの原料としても多く使われています。


 ↑自然コスメ のハーブ研究所スパール オンラインストア へ